導入事例

【赤外線 水分・多成分計】フィッシュミールの多成分をリアルタイム一括測定で測定時間の大幅短縮を実現

フィッシュミールを製造する際、製品に含まれる​水分量は品質を左右する重要な指標のひとつです。規定量より含有水分量が多いと、カビが発生しやすくなったり、菌が繁殖して腐敗しやすくなったりする恐れがあります。また多くの場合、水分だけではなく脂肪分や油分、タンパク質なども含まれているため、それらの成分量も測定し総合的に品質を管理する必要があります。

あるお客様は、成分毎の検査に非常に手間がかかっていることにストレスを感じておられました。また、少量のサンプルでは標準サンプルとしては不十分であるため対策が必要と考えておられました。

お客様のお困りごと

成分毎の検査に非常に手間がかかっている。少量のサンプルでは標準サンプルとしては不十分である。

コーンズテクノロジーからのご提案

  • MM710e型​ ​多成分測定器(水分、油分、蛋白質)
    水分、油分、蛋白質をオンライン上で連続測定する非接触測定型の高精度測定器

 

 

導入のポイント

> 非接触での連続測定が可能。
>> 1センサーで水分・油分・蛋白質の同時測定が可能。

>> 表面形状や測定距離の上下変化に対して他社製品より安定した測定が可能。
>> 色変化による影響を受けにくい。
移動平均を用いながらラインに流れる製品の各測定値を連続表示しますので製造中の製品の状態を常に確認できます。

導入の成果

多成分を同時に測定できたことから測定にかかる時間や手間が削減され、品質も一定に保つことが出来るようになり、生産性が向上しました。 ​

赤外線 水分・多成分計『​ILAB​ ​710e型』 および 『MM710e型』 は様々な形状の食品の成分を測定可能です。水分、油分/脂肪分、タンパク質などの含有量の測定についてご検討の際は、お気軽にご相談ください​。

この導入事例でご紹介した製品はこちら

お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る