導入事例

包装機の回転数をサーマルプリンタで上げる

食品業界
印字速度の速いサーマルプリンタに代えて充填包装機の生産能力を最大限に発揮

食品メーカーF社様は、既存のA社製サーマルプリンタの印字回転数が低いため、プリンタの印字速度に合わせて充填包装機の生産スピードを落としている状況に不満を感じておられました。

<サーマルプリンタとは>
熱で融解するインクリボンのインクを印字対象物に転写して印字する仕組みの産業用プリンタ で、インクや溶剤などの液体を用いずに印字できるため充填包装機に取り付けて印字するケースに適しています。

お客様のお困りごと

サーマルプリンタの印字速度に限界があり、充填包装機の生産速度をサーマルプリンタに合わせて生産能力を落とさなければいけなかった。

インダストリアルマシナリーカンパニーからのご提案

  • 産業用サーマルプリンタ ドミノVシリーズ  V320i

導入のポイント

>> 最大300rpmの高速回転の包装充填機に対応可能な印字性能

ドミノVシリーズ V320i に替えてから、高いコストをかけて購入した高速充填包装機の能力が十分発揮できる ようになったと、お客様にとてもお喜びいただけました。

高速印字可能なサーマルプリンタをお探しの際は、ぜひご相談ください。お客様の包材をお送りいただければ印字サンプルを作成致します。 また、お客さまの包装機でも回転数が上げられるかどうか診断致しますので、お気軽にご連絡ください。

この導入事例でご紹介した製品はこちら

お問い合わせはこちらから
ページの先頭に戻る