導入事例

【産業用インクジェットプリンタ】1台で40m/分の高速3行印字に対応(賞味期限、製造年月日、原料原産地表示を印字)

<食品業界> 1台で40m/分の高速3行印字に対応 平成29年9月1日よりスタートされた「原料原産地表示」制度に対応するため、ある食品メーカー様は、惣菜を充填する前のレトルトパウチ袋に賞味期限、製造年月日に加えて原料原産地名などの情報を3行に分けて産業用インクジェットプリンタの9ド...

【産業用インクジェットプリンタ】最大110m/分で印字高さ20mmの大きなロゴや文字を美しく印字

<建築資材業界> ラベル・輪転機からのインクジェットプリンタ化で大幅にコスト削減  『ドミノAシリーズDuoにかえて、1台のプリンタで大きなロゴや文字を高速印字できるようになりました。』 ある大手建築資材メーカー様は、建材用鋼板に輪転機で会社ロゴ、製品名、型番など、全てあわせ...

【産業用インクジェットプリンタ】500m/分の生産ラインに追従して超高速印字を実現

【導入事例】  産業用インクジェットプリンタ : 500m/分の生産ラインに追従して超高速印字を実現 ある容器・包装資材メーカーさまは、製品を包む袋などに用いられる包装用プラスチックフィルムの製造工程において、一定の間隔ごとに加工距離情報をマーキングするために産業用インクジェットプリンタを利用され...

【缶巻き締め検査装置】1日がかりの断面検査の手間を大幅軽減

導入事例 【缶巻き締め検査装置】1日がかりの断面検査の手間を大幅軽減 缶飲料や缶詰は、本体部分に中身を入れてからフタ部分を上から被せ、本体部分の端とフタ部分の端を巻き込むようにして折りたたむことで密封しています。 この巻き締めが上手くできないと中身の品質劣化を引き起こしてしまうため、...

【有規則対策】局所排気より安価でインクジェットプリンタの有機溶剤 (MEK)を除去

導入事例 局所排気より安価でインクジェットプリンタの有機溶剤 (MEK)を除去 ある食品メーカー様では、全国の複数の工場で賞味期限などを印字する目的でインクジェットプリンタを20台以上使っておられます。 一般的にインクジェットプリンタの強接着インクには染料などを溶かすための溶剤として有機...

【赤外線 水分・多成分計】水分計で食品の水分含有量を測定して歩留りを改善

食品を製造する際、製品に含まれる​水分量は品質を左右する重要な指標のひとつです。規定量より含有水分量が多いと、カビが発生しやすくなったり、菌が繁殖して腐敗しやすくなったり、食感が悪くなったりする恐れがあります。スナックフードの製造においては、①水分、②油分、③揚げ上がり後の色、の3点で味...

【産業用サーマルプリンタ】リボン幅最大128mm★多連アプリケーションへの印字に最適

ある食品メーカー様は、それまで使っていた他社製サーマルプリンタでは印字範囲が小さく、希望するサイズの印字ができないので、より大きな範囲に印字可能なサーマルプリンタを探しておられました。 また、印字後にレトルト処理工程があるため、最大120℃程度の高温に耐え、水に濡れても落ちないインクリボン...

【産業用インクジェットプリンタ】寒冷環境でも安心の安定稼働で印字不良を削減、毎朝の立上げもスムーズ

<建材業界> 『ドミノに替えてから季節の変わり目のインク粒調整の手間がなくなり、 印字不良も減りました。』 東北地方にある建材メーカー様では、建材に他社製インクジェットプリンタで日付などを印字していました。これらのインクジェットプリンタは、冷暖房が無い”吹きさらし”のような...

【赤外線多成分計】石炭の水分含有量を正確に計測して良質な石炭の判別に貢献

燃料として使用される石炭は、不純物や水分含有量が多いなどで品質が悪いと着火しづらく発熱量も低くなり、より多くの石炭を使わなければいけなくなります。結果、石炭そのものの購入コストや輸送にかかるコストが割高になってしまいます。また、低品質な石炭を燃やすとボイラーや炉に負担がかかり、故障等のトラブルを...

ページの先頭に戻る