導入事例

包装機の回転数をサーマルプリンタで上げる

食品業界 印字速度の速いサーマルプリンタに代えて充填包装機の生産能力を最大限に発揮 食品メーカーF社様は、既存のA社製サーマルプリンタの印字回転数が低いため、プリンタの印字速度に合わせて充填包装機の生産スピードを落としている状況に不満を感じておられました。 <サーマルプリンタとは...

透明蛍光インク【MEK非含有】アルコールベースの透明インクでトレーサビリティを実現

食品業界 アルコール・ベースの透明蛍光インクで商品1つ1つに個別の識別情報を印字 ある食品メーカー様では、発砲スチロール製トレー入りの製品をロット単位ではなく1個単位で識別できる仕組みの導入を検討されていました。 製品が食品なので有機溶剤(MEK)ベースのインクを避けたい要望はあっ...

【脱MEK】 アルコール系インクへの変更で労働安全衛生法に対応

<食品業界> アルミパウチへの印字直後に蒸気殺菌や熱水シャワー殺菌を施しても 印字が消えないアルコール系インク ある食品メーカー様では、レトルト食品が入ったアルミパウチに有機溶剤(MEK)ベースのインクで製造年月日をマーキングされていました。 しかしある時、労働基準監督署の査察...

ページの先頭に戻る