CORNES TechnologiesCORNES Technologies

採用メニュー採用メニューを閉じる

コーンズテクノロジーについて

ENTRYENTRY

コーンズテクノロジーの
歩みとこれから

  • 1800年代

    グループ企業創業

    グループ会社のコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドが1861年(文久元年)、英国人のFrederick CornesとWilliam Gregson Aspinallの両名によって、横浜の外国人居留地にAspinall, Cornes & Co.を設立する。
    Quality & Innovation – 高品質と先進性という企業理念は今も変わらず受け継がれている。

  • 1900年代(~1975年)

    第二次世界大戦中は休業を余儀なくされるが、戦後ほどなくして日本国内での事業を再開。
    当初、絹織物と緑茶の輸出から始まったビジネスは、一般消費財・保険事業・産業機材などへと多角的に展開していくことになる。

  • 1996

    携帯電話基地局設置のため、米国ノイズコム社製電波伝播のシュミレーションツール「フェ-ジングアナライザー」を、NTTドコモを始めとする大手通信機器メーカーに販売。

  • 2000年代

    2000年に日本最初の個人酪農家向け「バイオガス・プラント」を北海道江別市に建設し、家畜の糞尿から1日1,365kWhの電力を発生させることに成功。
    その後、2008年には環境関連の事業部を新設し、本格的にバイオガス事業に進出。

  • 2003

    産業機材関連機器を扱うドッドウェルジャパン(株)を吸収し、コーンズ ドッドウェル(株)を設立。(後、社名をコーンズ テクノロジー(株)に変更。)

  • 2014

    電波暗室の設計施工や電波計測システムなどを提供するマイクロウェーブ ファクトリー(株)が、グループに加わる。

  • 2019

    電波吸収体・電磁波遮蔽材の製造販売などを手掛けるE&Cエンジニアリングが、グループに加わる。

  • 2021

    設立より160周年を迎える。

    テラヘルツパッシブボディスキャナが、朝日新聞デジタルで取り上げられる。

代表メッセージ

コーンズテクノロジーの歩みとこれから

「アンテナを常に張り、新しいモノを見つけてください」
日々変化する技術に対して、我々は『技術力』をもって即応していかなくてはなりません。そのためには受け待ちではなく、自分で探しに行く姿勢、そして常識を鵜呑みにするのではなく、発想力を持ち仕事をするマインドを身につけてほしいと考えています。何が正解かは、ありません。自身の長所を最大限に活かし、常に前向きで情熱を持って仕事をしていって下さい!

数字で見る
コーンズテクノロジー

  • 社員数190人社員数190人
  • 男女比率61%:39%男女比率61%:39%
  • 平均年齢41歳平均年齢41歳
  • 年齢構成20代:20%30代:24%40代:35%50代:33%年齢構成20代:20%30代:24%40代:35%50代:33%