オーディオプレシジョン

Audio Precision社は、業界標準オーディオアナライザのサプライヤとしての立場を確固たるものにしています。
オーディオアナライザとそれにかかわる製品以外のラインナップはございません。
また、同社製品の修理・校正については日本国内でのサービス体制を整えています。
Audio Precision社 オフィシャルサイト

 

オーディオプレシジョン製品一覧 > ハイパフォーマンス&マルチインターフェース オーディオアナライザ APx555

ハイパフォーマンス&マルチインターフェース オーディオアナライザ APx555

業界最高の残留THD+N特性を備えたマルチインターフェースオーディオアナライザ

業界最高の-120 dB 残留THD+Nと最大1MHzの帯域幅のパフォーマンスを備え、APx555は他の全てのオーディオアナライザの性能を凌ぎます。APx555にのみ標準装備されているアドバンスドなAES/SPDIFデジタルインターフェースはジッタ測定にも対応しています。また従来のAPxシリーズ同様に各種デジタルI/Oオプションを利用可能で、DSIOオプションは216ks/S、32 bit対応です。

制御ソフトウェアは容易に測定パラメータを設定して自動測定を実行するシーケンスモードと、リアルタイムに応答測定をおこなうベンチモードの2つのモードを搭載しています。

特長

  • 2chアナログ入出力 (平衡/不平衡)
  • 216k AES/SPDIFディジタル入出力
  • Typical THD+N < -120 dB                           
  • 24ビット、1.2Mポイント、1MHz FFT
  • シーケンスモード、ベンチモードの2つの操作モードを搭載
  • ジッター測定
  • 各種I/Oオプション:Bluetooth、HDMI、PDM、32ビットDSIO

仕様

出力性能
残留THD+N (22 KHz BW) -117 dB +1.0 μV
Typically <-120 dB (1 kHz, 2.0 v)
正弦波周波数レンジ 0.001 Hz - 80 kHz, DAC
5 Hz - 204 kHz, アナログ
IMDテスト信号 SMPTE & MOD, DFD, DIM
最大振幅 (平衡) 26.66 Vrms
デジタル出力サンプリング・レート 22 kS/s - 216 kS/s
解析性能
最大定格入力電圧 230 Vpk
残留THD+N (20 KHz BW) -117 dB +1.0 μV
Typically <-120 dB (1 kHz, 2.0 v)
最大帯域幅 > 1 MHz
IMD測定能力 SMPTE & MOD, DFD, DIM
ハーモニックアナライザ H2 - H10
最大FFT長 1248K ポイント

オプション・アクセサリ

カタログ・資料

テクニカルノート・技術情報

 
  • オプションアクセサリ
  • ソフトウェア概要説明ダウンロード
  • 製品総合カタログダウンロード
  • カスタマーサポート校正・修理・依頼
  • FAQテクニカルノート
  • ユーザー登録メルマガ配信・割引特典